« 2015年4月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年9月

2015年9月15日 (火)

関東臨床工学会にて

関東臨床工学会で説明の機会を頂きました。若手が多数を占める臨床工学技士は若手が奮闘し、自ら創造を行わない限り未来はないと「喝!」を入れてきました。意外に?耳を傾けてくださる人が多く、居眠りされている人も見かけませんでした。

組織力=資質×数。知識や技術など質の向上とマンパワーがバランス良く向上しないと、全体の底上げにはなりません。臨床工学技士の技と力で日本の医療に貢献しましょう。そして世界の人々の健康と幸せをお手伝いしましょう。

新規会員募集中!いまならもれなくピンバッジが貰えます!

Dsc_0132

2015年9月11日 (金)

九州臨床工学会にて

更新が滞っていて申し訳ありません。Facebookからの転送です。

九州臨床工学会では「組織力向上に向けて」というテーマでシンポジウムが行われました。学会は参加して個人のスキルアップを図る目的もありますが、同時に職能団体の目的である社会的な地位向上と待遇改善も図らなければなりません。しかし、
後者に対する若い人たちの関心はあまりにも薄く、前者に対する興味しかないように思われます。(なぜだ?!)本テーマに沿って演者は素晴らしい内容の講演を行い、実に中身の濃いシンポジウムだったと思います。傍聴者の数が寂しかったのは本当に残念でした。

今、目の前にある課題(自分自身のスキルアップを図る)しか考える余裕がないのか?あの手この手を使って若者をその気にさせようと、先輩方は奮闘しています。学術に励むことは素晴らしい事ですが、自分たちの未来に大きく係わる事なので、少しだけ職能団体の目的にも目を向けて欲しく思います。

来週は関東に向かいますが、閑散とした会場にならないか少し不安に思っています(^^;。お話だけでも聞いて頂きたく、会場に足を運んでいただくようよろしくお願いします。

11988351_1122763517753627_688598996
鹿児島県臨床工学技士会facebookより転載

« 2015年4月 | トップページ | 2015年11月 »