« 九州臨床工学会にて | トップページ | 透析患者さんの推移とCEの推移 »

2015年9月15日 (火)

関東臨床工学会にて

関東臨床工学会で説明の機会を頂きました。若手が多数を占める臨床工学技士は若手が奮闘し、自ら創造を行わない限り未来はないと「喝!」を入れてきました。意外に?耳を傾けてくださる人が多く、居眠りされている人も見かけませんでした。

組織力=資質×数。知識や技術など質の向上とマンパワーがバランス良く向上しないと、全体の底上げにはなりません。臨床工学技士の技と力で日本の医療に貢献しましょう。そして世界の人々の健康と幸せをお手伝いしましょう。

新規会員募集中!いまならもれなくピンバッジが貰えます!

Dsc_0132

« 九州臨床工学会にて | トップページ | 透析患者さんの推移とCEの推移 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州臨床工学会にて | トップページ | 透析患者さんの推移とCEの推移 »