« 年頭所感2016 | トップページ | 10年後の臨床工学技士を想像する。 »

2016年2月 4日 (木)

連盟新聞へのリンク訂正

※ 2017メールマガジンから連盟新聞へのリンクが間違っていました。

   正しくはこちらです



竹内譲副厚生労働大臣と面談

真下副会長の尽力により竹内副厚生労働大臣との面談が実現しました。

臨床工学技士の資質向上に関わる教育体制の充実、医療行為と医療器材導入業者に関わる現状と課題、臨床工学技士の業務に対する身分保障の確保など、約30分間にわたり密度の濃い会談が行われました。工学的知識を有した臨床工学技士の活用や医療機器産業の活性化と安全確保について理解を示され、特に厚労省との検討会設置実現に向けて努力下さると述べられました。

本面談の実現にご尽力頂いた、埼玉県央病院吉村一義理事長、参議院議員西田実仁公明党参議院幹事長に御礼申し上げます。

20160203

« 年頭所感2016 | トップページ | 10年後の臨床工学技士を想像する。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年頭所感2016 | トップページ | 10年後の臨床工学技士を想像する。 »