« 10年後の臨床工学技士を想像する。 | トップページ | 野田毅先生のご講演 »

2016年9月13日 (火)

議員会館訪問

日臨工の出張に合わせ小林副理事長と議員会館を訪問してきました。
中西けんじ議員:神奈川選挙区で支援し当選されました。臨床工学技士の処遇改善について訴え、

人事院勧告の昇格の基準に臨床工学技士の名称がないこと
http://www.mhlw.go.jp/toukei/youran/roudou-nenpou2013/03.html
や厚労省の医療職俸給表(二)級別標準職務表に臨床工学技士の名称がないことなどをお伝えしました。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S44/S44F04509008.html
また経済がご専門との事でしたので、医工連携や医療機器産業ヴィジョンに臨床工学技士を役立てて頂くようお願いしました。さらに、懇話会設立の際にはメンバーとしてご協力いただくことを確認頂きました。
大家敏志議員:懸案になっている自民党内に「臨床工学技士について考える懇話会」の設立についてお願いしてきました。前向きに検討してくださっているようで近日中にプランの提示が実現するよう努力頂けるとお返事いただきました。
桝屋敬語議員:消費税に延期に伴い予算編成が大変厳しいことをお話しされました。その中で超高齢化社会に伴い医療費抑制の手段として、過度な延命治療を敬遠する可能性があることに言及されました。臨床工学技士会の創設に深くかかわっておられることから、責任を感じているので何とか役に立ちたいと力強いお言葉を頂きました。何か政策の提示がないと動けないと仰いましたので、透析施設における臨床工学技士の法廷人員の設置、在宅医療機器に関わる臨床工学技士の適正配置などをお願いしてきました。

464
中西けんじ議員と記念撮影

« 10年後の臨床工学技士を想像する。 | トップページ | 野田毅先生のご講演 »