« 夏はいい | トップページ | 日本人の良さ »

2013年8月30日 (金)

電子化は足かせか?

久々に病院見学レポートなど( ̄▽ ̄)

岡山榊原病院に行ってきました。ハートセンターとして移転新設OP数では全国で5本の指に入るそうです。もちろんカテも不整脈もバンバンされてるようで、MEの数は20名。丁寧に案内して頂きありがとうございました(●^o^●)。

Img_20130829_143128

最近の私はもっぱら電子化中心の仕事となっていますので、今回も臨床業務ではないところのレポートです。電カルの基幹システムと導入しようとしている透析システムが、当院の計画と全く同じだったので実態を見せていただくために伺いました。

やはり・・・(-_-;)。実業務で2つのシステムを横にらみしながら使いこなしている現状があり、繁雑な業務が浮き彫りとなっていました。院内で業務を電子的に処理するには一つのシステムでは不可能で当然ながら各部門システムとの接続が必要となります。違う会社なので意思疎通が共有して作成・構築される訳もなく、いざ繋ごうとする時にそれはそれは大変な労力とお金が要る羽目になるのです。結果的にユーザーも煩雑な操作を強いられることになるのですね。

まったくどうにかならないか…。標準化と囲い込みの戦いはいつまで続く・・・(-_-;)

|

« 夏はいい | トップページ | 日本人の良さ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏はいい | トップページ | 日本人の良さ »