« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年3月21日 (月)

エスニックジョーク

「国民性を端的にあらわすような話によって笑いを誘うジョークのこと」だそうだ。1970年代頃から始まったと言われるそうだから歴史あるよね。代表的な例が次で、

Q.様々な民族の人が乗った豪華客船が沈没しそうになる。それぞれの乗客を海に飛び込ませるには、どのように声をかければいいか?
・アメリカ人「今飛び込めばあなたは英雄ですよ」
・ロシア人「海に落ちたウォッカの瓶はあなたのものです」
・イタリア人「美女たちも泳いでいますよ」
・フランス人「決して海には飛び込まないでください」
・イングランド人「イングランドが優勝しました」
・スコットランド人「スコットランドがイングランドに勝利しました」
・ドイツ人「規則ですから飛び込んでください」
・中国人「金塊が沈んでいるそうですよ」
・日本人「みなさん飛び込んでいますよ」
・韓国人「日本人はもう飛び込んでいますよ」

なるほど納得。日本人の場合、横一列っていうかみんなと同じという安心感に依存している気質が良く捉えられている。これ見るとやっぱりイタリアがいいなぁ~

話は変わって、今話題の詐称の件ですが、嘘もここまでくれば称賛に値する。如何ににレッテルやブランドに感化されやすいかが良くわかる。それでいて騙したやつが悪いとこれまた徹底的に非難する。もちろん騙した方が悪いに決まっているんだけど…。


最近学歴や資格って服のブランドと同じだと思う。「いい服を着てて羨ましいなぁ~=東大出てて羨ましいなぁ~」、「高級ブランドの服着てて凄い!=○○認定資格もっているから凄い!」って感じ?要は服を着ている中身の問題だと思うんだけど。いい服を盾にぬるま湯に浸かっている人もたくさんいるよね。行政とか関連する団体とか…。もちろんそうじゃない人もたくさんいる。要は中身だともうんだけどなぁ…。「うるせ~。いい服着るための努力すらしない人に言われたくない。悔しかったらその立場になってから言え!。」

はい。おっしゃる通りで…。う~ん、最近やっぱり病んでるかも

| | コメント (2)

2016年3月18日 (金)

ましもっち

NIPROがMasimoのSpO2を販売している。Masimoと言えばそれなりに名が通っているブランド品?N製より感度が良い?など評価も高い。しかし、値段も高い。高かろう良かろうが通用する時代なら良いかもしれないが、デフレで物価も診療報酬も給料も小遣いもみ~んな値段が下がっているからね~

Dsc_0192

んで、試してみると…うん、やはりガッチリしてて高級感もある。出にくい人で測定してみるとなんとなく感度いい感じ?

SpO2なんて最近は体温と同じ感覚で測定するから、頻度も高く数も沢山いるんだよね~。しかも誰とは言わないけどNsが乱暴に扱うからすぐ壊す。さらに90前後で繊細な値が必要な人なんて殆どいないし、80以下の数字なんてあっても意味ないし…

いっそのこと信号程度の3色くらいに限定して、廉価品作って大量に売り出した方が儲かるんちゃいまっか?な~んて営業の方に提案しました

それは置いといて、うん?。良く見ると姿が何かにいている…??

そうかたまごっちか

ならば、名前も「ましもっち」に変えて、画面はアニメーション。100%になるとが表示されたら、看護師さんあたりからウケるかもね。かわいい~とか言われて┐( ̄ヘ ̄)┌ 。ついでに90切ったらうんちするなんてどうでしょう?こっちは私のように楽しく仕事したい人にバカ受けするかもね。うぉあ~こいつウンチしやがった!とか言いながら( ^ω^)

これからの商売は普通にやっててもあきまへん。そんな風に奇想天外な発想で営業しなさい。と教訓をお伝えする今日この頃でした。マジで商品化してくれんかなぁ

| | コメント (0)

2016年3月16日 (水)

白か黒か

昨今、あらゆる事例において白か黒か2分する評価で、世の中決め付けていないでしょうか?

ちょっとでも黒よりだと黒だと決めつけ、けつの毛までむしる国家総動員の勢いで徹底的に痛みつける風潮はないでしょうか?

そうは言ってもそれで失われるメリットの事を無視していないでしょうか?

全て1か0かで決定されるなら、それはコンピューターの世界であり、決して人間らしい姿ではありません。
極論・原理主義でしか語れない世の中の風潮にうんざりです。

巨人・賭博・・・感染、災害・・・

| | コメント (0)

2016年3月 4日 (金)

CBP+ネットワークカメラは買い?

CBPの時、当院では特変なければNSがモニタリングをしてくれます。非常時にCE対応ではありますが、そうは言っても気にかかる。大学病院のICUと違って滅多にない治療に対応してくれと言っても酷なもの 。殆どの例でCE院内待機となってしまいます。日中は掛け持ち業務ですし、夜もさすがにへばり付いては居られない…。ふとネットワークカメラの存在に気が付き使えるか試してみることにしました 。

ネットで探すと結構な価格 。試行なので廉価を探して見つけたのがこれ。訳ありで3980円+送料620円は自腹で払うには決して安くないが、まっいいか。
CBP待機中の夜遅い時間を使って設定。昼だといろいろ言われそうだからネ。ネットワークやセキュリティー電源の確保など、簡単には表示してくれない。病棟をゴソゴソしているとDrに「どうしたん? 」「い、いや、ちょっと… 」院内の電算を取り仕切っている役得を利用して、実現まで2時間少々掛かりましたがついに遠隔でモニターできました。その画像がこれ。
Dsc_0151_2
おぉ~いい感じ 。とりあえず見れるレベルだけど、4000円程度の出費なのでやむを得ないか 。さて問題の各部圧力の数値が見えない 。…で設定をいろいろ探してみると、おっ 拡大でき るジャン
Dsc_0152_2
最初はあさっての方向を向いてたので、病棟に電話してもう「ちょっとコッチ!」とかやろうと思ってたけど、その必要なさそうでした。しかし、画質が。。。辛うじて数字が判定できます。ぎりぎりセーフ

実際の現場はこんな感じ。
Dsc_0154_2
Dsc_0153
絆創膏で固定するあたり、素敵でしょ。さて、今夜は少し安心感が増えるかな~

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »