« 第65回農村医学会 | トップページ | 注文してもない料理店 »

2016年11月30日 (水)

手作りIoT

昔はDrも24時間体制で待機するスタッフに気配りしてくれたものだよなぁ~。体に気を配ってくれたり、差し入れしてくれたり。最近はNsを通じていきなり指示が出るだけでそんなことは全く無くなった。コミュニケーション不足というか、そんな時代なのかね~寂しい限りです。こうなったら、CRRTの待機を何とか楽をしたい!そんな発想でメーカーに問い合わせてみると、ACH-10からデーターを取得できることが判った。

Dsc_0764
専用のソフトを供給してもらって、データーを定期的に吸い上げるとCSVが吐き出される。それをでグラフに加工してネット上にアップロード。Windowsの標準コマンドを使えば自動的にアップロードできる。さらにWindowsのタスクを使ってスケジュールを組めば自動更新完成v。こんな感じに出来上がった。警報の履歴も見れたりする。

Dsc_0765

自宅からでもスマホからでも状況が確認できるので、3人で待機当番を回す状況から少しは楽になるかな~。構築の方法が知りたい方はご一報ください。多分無償でいけると思います( ̄▽ ̄)

|

« 第65回農村医学会 | トップページ | 注文してもない料理店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第65回農村医学会 | トップページ | 注文してもない料理店 »