2016年3月 4日 (金)

CBP+ネットワークカメラは買い?

CBPの時、当院では特変なければNSがモニタリングをしてくれます。非常時にCE対応ではありますが、そうは言っても気にかかる。大学病院のICUと違って滅多にない治療に対応してくれと言っても酷なもの 。殆どの例でCE院内待機となってしまいます。日中は掛け持ち業務ですし、夜もさすがにへばり付いては居られない…。ふとネットワークカメラの存在に気が付き使えるか試してみることにしました 。

ネットで探すと結構な価格 。試行なので廉価を探して見つけたのがこれ。訳ありで3980円+送料620円は自腹で払うには決して安くないが、まっいいか。
CBP待機中の夜遅い時間を使って設定。昼だといろいろ言われそうだからネ。ネットワークやセキュリティー電源の確保など、簡単には表示してくれない。病棟をゴソゴソしているとDrに「どうしたん? 」「い、いや、ちょっと… 」院内の電算を取り仕切っている役得を利用して、実現まで2時間少々掛かりましたがついに遠隔でモニターできました。その画像がこれ。
Dsc_0151_2
おぉ~いい感じ 。とりあえず見れるレベルだけど、4000円程度の出費なのでやむを得ないか 。さて問題の各部圧力の数値が見えない 。…で設定をいろいろ探してみると、おっ 拡大でき るジャン
Dsc_0152_2
最初はあさっての方向を向いてたので、病棟に電話してもう「ちょっとコッチ!」とかやろうと思ってたけど、その必要なさそうでした。しかし、画質が。。。辛うじて数字が判定できます。ぎりぎりセーフ

実際の現場はこんな感じ。
Dsc_0154_2
Dsc_0153
絆創膏で固定するあたり、素敵でしょ。さて、今夜は少し安心感が増えるかな~

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

患者さん用教育ビデオ

前から欲しいと思っていて依頼してもなかなか前に進まないので自分で作っちゃいました。

まずは第一弾「ドライウエイトについて」。配布はオールフリーです。(著作権は放棄されていません)
https://www.youtube.com/watch?v=sMA6fRZOiX0&feature=youtu.be

「いらすとや」さんに直接使用許可をお尋ねしたら、「どうぞご自由にお使いください。沢山の方たちのお役に立ちますよう祈っております。」とお返事を頂きました。
ほんと世の中には心の広い親切な方がいらっしゃるものです。それにひきかえどこかの国は、過去ばかりほじくり返して・・・少しは見習ってほしいものです!\(*`∧´)/

第2弾も作成予定ですが、いつになることやら・・・。モチベーションが維持できれば良いですけどね

| | コメント (0)

2014年4月19日 (土)

栄養評価

ダイアライザーの性能も頭打ち?マイルドな透析が高齢者に良いのだと著明な先生がおっしゃっているが、どこを評価して抜き過ぎと判断するのか?今回の血液浄化技術学会で松永先生が解りやすく説いてくださいました。

生体腎もアミノ酸は漏れている。しかし、再吸収され蛋白結合に利用される。無駄に捨てられる透析とは違う!が印象に残りました。UNは抜いてアミノ酸は抜かない。そんなこと出来るの?でも、膜の種類でUNとアミノ酸の抜け具合に差があるとか。

確かに透析し過ぎも考えなければいけませんね。長時間透析とか、大量置換HDFとかあるわけですから。

最初に戻って何を指標に透析し過ぎを判断するのか?

私の発表の次のスライドを1枚拝借(^^;
Img_20140419_151507
このあたりの指標で透析し過ぎを判断しましょう!

ちゃんとした根拠となればお年寄りの透析時間が短くできて、感謝されるかもね。

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

成績表

信じられない…とお叱りを受けることを承知で恥ずかしながらご報告します。
たった今、昨年の透析学会年末調査票を提出しました!!(゚ロ゚屮)屮。再三の督促に応じず、ついには大学の准教授からお叱りを受け、早々に本日の通常業務終了後にとりかかり、先程出来上がりました。ご迷惑をおかけしました(_ _*)ハンセイ・・・

しかし仕方がない事とは言え、毎年毎年入力方法や様式が変更になり、苦労して作成したマクロなど翌年はまず使うことができません結局手作業こつこつやった方が早かったりします。ほんと、どこの施設もどうやっていれてるんだろ?

さて、完成してふと別のシートに目をやると、今年から妙なタブが増えています。ん?
Image_2

なんと!全国と自施設を比較した丁寧なグラフと表があるではないですか!しかもきれいなカラー刷りでバッチし∑ヾ( ̄0 ̄;ノ。全国と比較して良い透析をしているかが数字上で表わされているのです。これはただ事ではないと今にも潰れそうな眼を見開いて、拝見しました。そこそこの成績でホッとはしましたが、怖いですねぇ~みなさんのとこどうでした?延命率とか
・・・怖いですねぇ~

やれやれとUSBを封筒に入れやっと眠れると思いきや、送付用封筒のチェック項目に
「アンケートを記入して同封しましたか?」
…とあり、もう勘弁してくれぇ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

そして夜は開ける

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

価格交渉

デフレ脱却”アベノミスク”は今のところ効果を上げているように見受けられますが、借金増やして一時的にしのぎを乗り越える対症療法は、如何なものかという気がしているのは、私だけではないでしょう。しかし、飽和状態の成熟した社会でどうやって経済を上向きにできるのでしょう?欲しいモノが特にないのにモノの動きでお金を増やそうとういう発想は限界に来ている気がします。株を買うなら今でっせ(責任持てんけど)そんな中、7&iのベアアップ満額回答は関係者じゃなくても嬉しくなる話題ですね

さておき、医療業界も例外ではなくデフレでドンドン価格は下落傾向。一昨年値上がりした薬品など一部の商品の価格維持に必死の?各メーカーさん。そらぁ直接自分の身に降りかかることには必死になりますわね。病院も負けじと値引き交渉を行い、その綱引きは過酷な領域に足を踏み込まれています。む~大変な時代だ

こんな商品はいかがでしょう?
Tousekicyugoku
なんと、中国製の透析液。中国でも透析は行っているでしょうから当たり前ですが、使ってみる勇気あります?滞在する私の友人曰く、コンビニの商品でも、生ものや調理物はとても買う気にはならないそうです(何が混入しているか解らない(@_@;))。
でも、「お客さん、こいつぁ~安いっすよ。いかがっすか?

多分商品名はいま流行りの「PM2.75」か?。この意味判りますか

| | コメント (2)

2013年1月17日 (木)

ITPとTTPとTPP

【ITP】…特発性血小板減少性紫斑病。抗血小板自己抗体が産生され、Ⅱ型アレルギーが関与している。小板のみが減少する病気である。
【TTP】…血栓性血小板減少性紫斑病。何らかの原因で微小血管の内皮障害があり、血小板血栓が出来、血小板が多量に消費されるために血小板減少および溶血性貧血をきたす症状。←血漿交換適応
我々が係わるのはTTPですね。どうやって見分けるのだろう?って思いませんか?恥ずかしながら私は判りませんでした。検査技師の後輩が来ていたんで尋ねると、顕微鏡で見れば一発だそうで、単純に血小板が凝集するITPに比べTTPは溶血を伴っていることがよくわかるそうです。ちなみにITPのかたはCBCの添加剤に強く反応するそうで、血小板の採血結果が異常に低く出るそうです。あれ?おかしいぞ。ってことで顕微鏡観察を行うそうです。

今回ITPで透析導入になられましたが、血漿交換は無効なのでしょうか?賛否両論 とありますがどうなんでしょうね??

ちなみにTPPは…環太平洋戦略的経済連携協定です(^^v

| | コメント (0)

2012年12月27日 (木)

オンラインHDFの現状と問題点

西部分科会でお話しする機会を頂きました。はっきり言ってこれまでのME人生、オンラインHDFと共に歩んできました( ̄○ ̄;)!。様々なtry&Errorを繰り返し人には言えない経験談もいっぱいあります。今回こじんまりと身内の集まりになりそうなので、わずか30分ですが裏話に徹底しようと思います。刺激的なのは間違い無いと思います( ̄○ ̄;)!

| | コメント (0)

2012年12月26日 (水)

挿すだけで2

透析のテレビに装着しました。

Ca3a0534

USBからの電源供給ですし、マウスも接続できるのでgoo無線LANで接続してます。

Ca3a0535

20代の患者さんは早速YouTubeで”頭文字D”を視聴して大喜び。画面では判りにくいですが、これYouTubeの画像です。デジタルテレビと遜色ありません。「これで透析に来るのも楽しみになるかも」っとめっちゃ素敵な笑顔を見せてくれました

そらそうですよね。なんせ4、5時間も縛りつけられるのですからこんなことででも少しでも苦痛を和らげることになれば、臨床以外でも患者さんの為になりますね

最近はもっとTVなどのオンデマンドも充実していますから、コンテンツも豊富にあり多彩な好みにも対応できる上、連ドラなどで見逃したということもありません。AndroidStickは8000円程度で購入できるのでもっと台数を増やせるよう病院と交渉してみます!

私もこの☆*::*:☆MerryXmas☆:*::*☆3連休はオンデマンド三昧。”純と愛”にはまって一気に1話~36話まで視てしまいました

| | コメント (0)

2012年12月14日 (金)

疲弊な私の昔話

その昔、病院から呼び出しがあるとうれしかったよなぁ。やった!患者さんのためスタッフのため人が休んでいる時にまで頼りにされる嬉しさ、やりがいみたいな充実感あったよなぁ~

そんな私もCHDF待機で主治医から「疲弊するから今夜は終わろうか?」と言われると、患者さまの状態を尻目に思わず嬉しいっと正直思うようになってしまった

まぁ来年もう50歳だし・・・

だれか入ってくれんかいな



そんな調子でウチに帰ると愛娘が「と~さん!忘年会ってボーナスがもらえるん??
「……いや、合ってるのは”ぼー”だけやし…」( ̄Д ̄;;

そしてせがまれて、誕生日とクリスマスとお正月の分をセットで買った”さくそふぉん”
Ca3a0524
なんと初めて吹いてくれたのがこの曲…泣かせるじゃありませんか聞けば、一番簡単な曲なんだそうで。どうせならこれ吹いて欲しいよなぁ~…シビレル!!もう最高!!!!

ついでにこれ 。そのころは気づかなかったけど、意外と○○だったのね( ̄▽ ̄)

| | コメント (0)

2012年11月29日 (木)

塩は悪者

タクシーチケットと湯田温泉に惹かれてCKDの勉強会に行ってきました。はっきり言って場違いでした。Ca拮抗剤やARBの同時処方やさじ加減のお話が中心で参加者も開業医の先生が多かったように見受けられました。

体液過剰とそれに関与する高血圧に対して、なんと言っても塩分のコントロールが重要だと力説されていました。塩分のコントロールでかなりの症例がよくなるそうです。殆ど毎日を抜いたことの無い私にとっては耳の痛い話。塩分が無ければ酒なんて飲めたものではありません。いつまでも、お迎えの直前までも飲み続けていたいものです

講演前半、体液過剰部分に関してはちょっとだけ勉強になるお話が…。NA、Cr、Alb、Hb、は体液過剰の状態では薄まるので、体液を適正にしてからでないときちんとした評価は出来ないそうだ。ん~ってことは体液過剰な状態にある透析前のNa値などはどう考える??薄まっている??透析後は??Sodium ParadoxのNa145mEqにも絡んでくるお話ですね。さてさてどう評価する??

あと代謝性アシドーシスの評価にClの値を観ること尾崎塾の血ガスセミナーでは言って無かったな

やっぱりブログは備忘録として使える。検索機能があればの話ですが

| | コメント (2)

より以前の記事一覧